コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルターニエ Ṣultāniyyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルターニエ
Ṣultāniyyah

イラン北西部,ザンジャーンの南東約 40kmの平原に位置する古都。 1305~13年にイル・ハン国の首都としてウルジャーイトゥーによって建てられ,イル・ハン国,チムール朝期を通じてバグダードに代わる道路網の中心として繁栄。周囲3万歩の城壁のなかに,ウルジャーイトゥー廟を中心に宮殿,モスク,学院,病院,僧院その他多くの建造物が建てられたというが,現在はウルジャーイトゥー廟だけを残す一寒村となっている。イスラム世界最大といわれる巨大なドームをいただくこの霊廟はイラン建築史上最高傑作の一つとされる。 2005年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スルターニエの関連キーワードイル・ハン朝美術ザンジャーン州

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android