スルターニエ(英語表記)Ṣultāniyyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルターニエ
Ṣultāniyyah

イラン北西部,ザンジャーンの南東約 40kmの平原に位置する古都。 1305~13年にイル・ハン国の首都としてウルジャーイトゥーによって建てられ,イル・ハン国,チムール朝期を通じてバグダードに代わる道路網の中心として繁栄。周囲3万歩の城壁のなかに,ウルジャーイトゥー廟を中心に宮殿,モスク,学院,病院,僧院その他多くの建造物が建てられたというが,現在はウルジャーイトゥー廟だけを残す一寒村となっている。イスラム世界最大といわれる巨大なドームをいただくこの霊廟はイラン建築史上最高傑作の一つとされる。 2005年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android