コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーツォス Soutsos, Alexandros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーツォス
Soutsos, Alexandros

[生]1803. コンスタンチノープル
[没]1863. スミルナ(現トルコ,イズミル)
ギリシアの詩人。パリで勉学中,ロマン主義の影響を強く受け,アテネのロマン派の創始者となった。愛国者で政治にも関係したが,パリで出した『ギリシア革命史』 Historia tis ellinikis epanastaseos (1829) はヨーロッパのギリシア問題に対する理解を深めるのに貢献した。言語は純正語を用いた。代表作は詩集『ギリシア概観』 To panorama tis Ellados (33) ,戯曲『不屈の詩人』O atithassos politis (43) ,散文『追放者』 Exoristos (35) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スーツォスの関連キーワードギリシア文学ギリシア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android