コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スートラ sūtra

翻訳|sūtra

世界大百科事典 第2版の解説

スートラ【sūtra】

古代インドでベーダ理解のための補助学の綱要を暗誦用に圧縮した,独特の散文体による短文の規定,およびそのような文体で編纂された綱要書。ベーダを伝承する学派の中で用いられたが,後にはそれ以外の哲学・学芸の学派もその教理の綱要書にこの文体を用いたので,それらの作品もスートラと呼ばれる。原義は〈糸〉で,花を貫いて花輪とするように,教法を貫く綱要の意となったと考えられる。仏教もこれにならい釈迦の教法を文章にまとめたものを総称してスートラ(パーリ語ではスッタsutta)と呼んだ(ただし,仏教の〈経典〉には文体的にはスートラ体といえないものが多い)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スートラ【sūtra】

(ベーダ文学の)経典、戒律集。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スートラ

」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスートラの言及

【結集】より

…その後100年を経てバイジャーリー(毘舎離)において第二結集が行われ,さらにアショーカ王の時代にパータリプトラ(華氏城)において第三結集が行われたといわれる。こうして整理された教法はスートラ(経,〈たて糸〉の意)と呼ばれ,やがて長文の経典となった。三蔵【三友 量順】。…

※「スートラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スートラの関連キーワードパダールタダルマ・サングラハビジニャーナ・ビクシュベーダーンタ・スートラニヤーヤ・バールティカベーダーンタ・サーラバイシェーシカ学派シュリー・バーシヤミーマーンサー学派チャンドラカーンタシャバラスバーミンカルパ・スートラベーダーンタ学派ダルマ・スートラカルパ・スートラバーツヤーヤナグジャラート派シュリーカンタバーダラーヤナニヤーヤ学派ボーダーヤナ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スートラの関連情報