コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーバダール sūbahdār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーバダール
sūbahdār

インド,ムガル帝国の州 sūbahの長官。アクバルは全土を 15の州に分けたが,のちに増加し,アウラングゼーブのときに 21州となった。皇帝が任免権をもち,州の軍,政両権を握り,そのもとに財務,主計,軍事,警察長官などをおいた。財務長官ディーワーンはしばしばスーバダールに対抗する力をもった。 18世紀に入ってムガル皇帝の力が衰えるとスーバダールは州の独裁権を握り,世襲化して次第に独立していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スーバダール【ṣūbahdār】

インドのムガル朝時代,州ṣūbahに置かれた地方長官。第3代皇帝アクバル時代に帝国は統治の体裁を整え,地方支配のため全土を12の州(のちに15)に分け,中央から長官を派遣した。初めはシパフ・サーラールsipah sālārといわれていたが,のちにはナージムnāẓimと呼ばれるようになった。地方統治一般をつかさどり,やはり州ごとに派遣され,徴税関係をつかさどったディーワーンdīwānと共同して州統治を行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

スーバダールの関連キーワードバハールバハーイー教ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群イスファハーンクリム・ハーン国スーバダールナクシュバンディー教団ヒバ・ハーン国アンマンジャーミー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android