コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーセル すーぱーせる Supercel

2件 の用語解説(スーパーセルの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

スーパーセル

回転する上昇気流を伴う巨大な積乱雲を指す気象用語。成長した積乱雲のため、頂上部分が広がって平らになっている。地上からはほとんど見ることはできないが、この平らな頂上部分を上昇気流が突き抜け、ドームのように雲が突出している。上空と地表の気温差が大きいほど発生・発達しやすく、条件さえ整えば世界中どこでも発生する可能性がある。通常の積乱雲の場合、水平方向の広がりは数キロ~十数キロ程度、持続時間は30~60分程度だが、スーパーセルは10~40キロにも及び、持続時間も平均数時間と長い。発生すると、雹・霰、強風・突風、竜巻、落雷、豪雨などの激しい気象現象を引き起こす。

(2013-8-8)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーパーセル(supercell)

通常の数倍から数十倍の規模に発達した巨大な積乱雲。多く、竜巻や激しい雷雨を伴う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーパーセルの関連キーワード上昇気流積雲積乱雲トルネード入道雲雷雲ロール雲雷三日アラゴの円板ガストフロント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーパーセルの関連情報