コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーハイビジョン すーぱーはいびじょん

3件 の用語解説(スーパーハイビジョンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

スーパーハイビジョン

8K放送」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーパー‐ハイビジョン(super hi-vision)

日本放送協会が中心となって開発したUHDTV(超高精細画質テレビ)の方式の一。従来のHDTVに比べて約16倍の8K解像度の画素数(7680×4320)をもつ。フレームレートは毎秒60または120枚であり、動きの速い被写体の表現にすぐれる。国際的には8K UHDTVの名称が用いられる。8Kスーパーハイビジョン8KSHV

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スーパーハイビジョン

NHK放送技術研究所が開発を進めている、次世代映像システムのこと。走査線は約4000本、画素数は縦横ともに現在のハイビジョンの4倍となり、超高精細映像を実現する。2005年に開催された愛・地球博で一般公開された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーパーハイビジョンの関連キーワードハイブリッドキャストLIM港湾空港技術研究所鉄道総合技術研究所地域共同研究センター日立中央研究所防衛庁技術研究本部国立宇宙技術研究所本田技術研究所新興技術研究所

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーパーハイビジョンの関連情報