コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズバルバロ ズバルバロSbarbaro, Camillo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズバルバロ
Sbarbaro, Camillo

[生]1888.1.12. サンタマルゲリータリグーレ
[没]1967.10.30. サボナ
イタリアの詩人。『ボーチェ』『ラチェルバ』『チルコリ』など,20世紀前半の主要誌に参加して抒情詩を発表。主著『ピアニッシモ』 Pianissimo (1914) ,『シャボン玉』 Bolle di sapone (66) 。ほかにギリシア古典およびフランス文学の翻訳がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズバルバロ
ずばるばろ
Camillo Sbarbaro
(1888―1967)

イタリアの詩人。故郷のリグリア地方を舞台にしたその詩は、風光明媚(めいび)なこの地方の華やかな色調をぬぐい去り、あらゆる文飾を排除しながら、なお、深い暗示に富んだ作品が多く、しばしば同郷の詩人モンターレに比される。作品に『ピアニッシモ』(1914、増補版1954)、『残滓(ざんし)』(1954)などがある。ギリシア古典の翻訳も多い。また地衣類の研究家としても名高い。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ズバルバロの関連キーワード1月12日

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android