コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズバルバロ ズバルバロ Sbarbaro, Camillo

2件 の用語解説(ズバルバロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズバルバロ
ズバルバロ
Sbarbaro, Camillo

[生]1888.1.12. サンタマルゲリータリグーレ
[没]1967.10.30. サボナ
イタリアの詩人。『ボーチェ』『ラチェルバ』『チルコリ』など,20世紀前半の主要誌に参加して抒情詩を発表。主著『ピアニッシモ』 Pianissimo (1914) ,『シャボン玉』 Bolle di sapone (66) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズバルバロ
ずばるばろ
Camillo Sbarbaro
(1888―1967)

イタリアの詩人。故郷のリグリア地方を舞台にしたその詩は、風光明媚(めいび)なこの地方の華やかな色調をぬぐい去り、あらゆる文飾を排除しながら、なお、深い暗示に富んだ作品が多く、しばしば同郷の詩人モンターレに比される。作品に『ピアニッシモ』(1914、増補版1954)、『残滓(ざんし)』(1954)などがある。ギリシア古典の翻訳も多い。また地衣類の研究家としても名高い。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズバルバロの関連キーワードサンタマリアサンタサンタマウラサンタマウラ島サンタマリア号サンタマリアデルマル教会サンタマルゲリータリーグレマルゲリータ千野金太丸フワン・デ・サンタ・マルタ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone