文飾(読み)ぶんしょく

精選版 日本国語大辞典「文飾」の解説

ぶん‐しょく【文飾】

〘名〙
① あやどること。ること。いろどり。あや。
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「羽毛鱗甲に勝る、威儀文飾(ブンショク)はったものを製して着る筈のものじゃ」 〔礼記‐玉藻〕
② 語句・文章を修飾すること。文章のあや。
※史記抄(1477)一一「説者かまいて其異事異人を文飾してようさうと云へぞ」 〔南史‐恩倖伝・孔

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「文飾」の解説

ぶん‐しょく【文飾】

[名](スル)
文章・語句を飾ること。また、文章のあや。
「幾分かの―を加えて」〈逍遥小説神髄
美しく飾ること。また、どり。あや。
「堂内の諸画はことごとくこれをめんがために設けし―ある枠たるに過ぎず」〈鴎外訳・即興詩人
[類語](1修辞レトリック潤色文彩修飾措辞詞藻/(2飾り装飾修飾虚飾粉飾

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「文飾」の解説

【文飾】ぶんしよく

飾る。表面をいつわり飾る。〔南史、佞幸、孔範伝〕()後、性愚狠(ぐこん)にして、失を聞くを惡(にく)む。惡事に、範、必ず曲(ま)げてを爲し、揚贊美す。

字通「文」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android