コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズビニ鉤虫 ズビニコウチュウ

デジタル大辞泉の解説

ズビニ‐こうちゅう【ズビニ×鉤虫】

線虫綱鉤虫科の寄生虫。体長1~1.5センチ。幼虫は地中にすみ、皮膚や口から人間の体内に入る。小腸に寄生して血液を吸い、貧血や衰弱を起こさせる。イタリア人のドゥビーニ(A.Dubini)が発見した。十二指腸虫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ズビニコウチュウ【ズビニ鉤虫 Ancylostoma duodenale】

人体寄生線虫の1種。1838年イタリアのドゥビニAngelo Dubini(1813‐1902)がミラノの一婦人の剖検の際発見し,43年命名したが,前1600年ころの古代エジプトのパピルス文書にすでに本種と思われるものの記載があるという。成虫はヒトの小腸上部に寄生し,粘膜に咬着して吸血し,鉄欠乏性貧血をもたらす。雌虫は体長約11~14mmで,1日に1万~2万個の虫卵を産む。卵は楕円形で長径50~60μm,短径40~45μm,卵殻は無色で,その内容は通常新鮮な糞便内では4細胞に分裂している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のズビニ鉤虫の言及

【コウチュウ(鉤虫)】より

…同じ漢字で表すが,有爪(ゆうそう)動物のカギムシ(鉤虫)とは別物で,ジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)のことをいう。ヒトに寄生する種類では,ズビニコウチュウとアメリカコウチュウが重要で,日本でもかつて両種による感染の流行があったが,現在では農山村部に散発的に感染者が発見される程度となっている。アメリカコウチュウは主として経皮的に感染し,肺を通過する間に一定の発育を遂げ,小腸に達して成虫となる。…

【ジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)】より

…コウチュウ(鉤虫)ともいう。ヒトに寄生する種類のうち日本で重要なものは,ドゥビニにちなむズビニコウチュウおよびアメリカコウチュウの2種である。また,イヌやネコを固有宿主とするセイロンコウチュウ,ブラジルコウチュウ,イヌコウチュウなどもヒトに寄生することがある。…

※「ズビニ鉤虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ズビニ鉤虫の関連キーワードジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)鉤虫症(十二指腸虫症)駆虫薬若菜病

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android