ズルバン(英語表記)Zurvan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズルバン
Zurvan

古代イランの時の神。『アベスタ』その他の経典にみえ,ゾロアスター教の教義では,アフラ・マズダに従属する存在とみられているが,一部では古くから最高神として尊崇されていたらしい。5世紀の文献に記された神話では,オルマズド (アフラ・マズダ) と大悪魔アーリマンとの共通の父とされている。すなわち,世界の初めには,万物に先立ってズルバンだけが存在し,彼は世界を創造しその支配者となる息子を得るため,1000年間にわたり犠牲を捧げ続けた。これによって生れたのが,オルマズドとアーリマンで,2人は双子であったが,ズルバンが2人のうち先に彼の前に来たものを世界の支配者とする誓いを立てたことを知ったアーリマンは,胎を破って先に飛出した。ズルバンは,そこでしかたなく彼に 9000年間世界を支配することを認め,以後は永遠にオルマズドが王となることに決めたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android