セイロン島(読み)セイロントウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイロン島
せいろんとう
Ceylon

インド半島の南東に位置する島。スリランカ民主社会主義共和国を構成する。東西220キロメートル、南北430キロメートルの卵形で、面積6万5610平方キロメートル。インドとはポーク海峡を挟んで50キロメートルしか離れていない。島の中央部南寄りに2000メートル級の山岳地帯があるが、周辺はなだらかな平原地帯が広がる。海岸にはサンゴ礁が発達する。[林 正久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

セイロン‐とう ‥タウ【セイロン島】

インド半島の南東端、インド洋にある島。南部は山地で標高二五二四メートルのピドゥルタラガラ山がある。そのまわりは広い平野で熱帯モンスーン気候。全島、スリランカ民主社会主義共和国の国土である。面積六万五六一〇平方キロメートル。
※和蘭天説(1795)「亦天竺に錫蘭(セイロン)島あり、赤道を去こと八九度の地なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セイロン島の関連情報