コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイロン島 セイロントウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイロン島
せいろんとう
Ceylon

インド半島の南東に位置する島。スリランカ民主社会主義共和国を構成する。東西220キロメートル、南北430キロメートルの卵形で、面積6万5610平方キロメートル。インドとはポーク海峡を挟んで50キロメートルしか離れていない。島の中央部南寄りに2000メートル級の山岳地帯があるが、周辺はなだらかな平原地帯が広がる。海岸にはサンゴ礁が発達する。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セイロン島の関連キーワードスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテスリジャヤワルダナプラコッテパジャ・アフマド アラービーレナード・シドニー ウルフエリック・E. シプトンラクシャドウィープ諸島シンハラジャ森林保護区聖地アヌラーダプラMorelE.ケチマラモスクマンナール島セーナナヤケコウスイガヤロンドン条約マンナール湾ベンガル湾カメレオンミニコイ島カタラガマセイロン茶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セイロン島の関連情報