コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セザンヌのアトリエ セザンヌのアトリエ

1件 の用語解説(セザンヌのアトリエの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

セザンヌのアトリエ【セザンヌのアトリエ】

フランス南部の港湾都市マルセイユ(Marseille)から北へ30km、古都エクス-アン-プロヴァンス(Aix-en-Provence)の郊外にある、画家セザンヌ(Paul Cézanne、1839~1906年)のアトリエ。彼の作品にも登場するサントヴィクトワール山を遠望できる場所で、銀行家として成功した父親が購入した広大な別荘地の庭園の中に建つ。パリになじめず故郷に戻ったセザンヌ自身が、1902年に設計して建設。1906年の死の直前まで、ここで絵筆をとった。このアトリエにはセザンヌの遺品が公開されている。また、市の中心部にあるグラネ美術館Musee Granet)には、19世紀の風景画家グラネ(François Marius Granet、1777~1849年)の作品とともに、セザンヌの作品が多数展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セザンヌのアトリエの関連キーワードイフ島セートマルセイユマルセイエーズラマルセイエーズイフ城ロンシャン宮マルセイユ版マルセイユ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone