コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セソストリス2世 セソストリスにせいSesostris II; Senusret II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セソストリス2世
セソストリスにせい
Sesostris II; Senusret II

古代エジプト第12王朝 4代目の王(在位 前1897~前1878)。センウスレト2世とも呼ばれる。3代王アメンエムヘト2世の子。3年間父王と共治し,その間ソマリアに遠征。その後ヌビアで祖父の残した城塞を固め,銅,閃緑岩などの採掘をヌビア各地で行なった。パレスチナ,シリアとも交流を行ない,シナイでも採掘していたらしい。また首都ファイユームの湖の入口にダムを築いて,河川の流れを調節し,周辺の土地を干拓して町を広げた。近くのラフーンに自身のピラミッドを建てた。そこには高度の技術の跡が残され,王女の墓からはすばらしい宝石が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セソストリス2世の関連キーワードセソストリス3世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android