セダカタカサゴ(読み)せだかたかさご(英語表記)red pinjalo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セダカタカサゴ
せだかたかさご / 背高高砂
red pinjalo
[学] Pinjalo lewisi

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。八重山(やえやま)諸島、台湾、香港(ホンコン)、フィリピン、アンダマン諸島、フィジー諸島などの海域に分布する。体は楕円(だえん)形で、側扁(そくへん)する。頭部の背腹縁は丸く、同じ曲線を描く。口は小さく、上顎(じょうがく)の後端は眼窩(がんか)の前縁に達する。両顎の前端に牙(きば)状の犬歯がない。目の中心は体軸の上にある。両眼間隔域は強く膨出する。背びれと臀(しり)びれの最後の軟条は伸長しない。尾びれの後縁はわずかに湾入する。体は背側面が赤色で、腹部が桃白色。各ひれは赤く、尾びれの後縁は黒い。最大の体長は36センチメートル。水深40~150メートルの岩礁域やサンゴ礁域にすみ、底生や浮生の無脊椎(むせきつい)動物、小形の魚類などを食べる。一本釣り、底引網、定置網などで漁獲される。セダカタカサゴ属の魚は目の中央が体軸上にあること、上顎歯が小さいことなどで他の多くのフエダイ属の魚と異なる。近縁種のチカメタカサゴP. pinjaloとは背びれ鰭条(きじょう)数が12棘(きょく)13軟条であること(チカメタカサゴは11棘14~15軟条)、尾びれの後縁は浅く湾入することなどで区別される。

[尼岡邦夫 2018年3月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる