コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セツキシマブ Cetuximab

デジタル大辞泉の解説

セツキシマブ(Cetuximab)

抗癌剤(こうがんざい)の一つ。分子標的治療薬の一種。商品名アービタックス上皮成長因子受容体(EGFR)の働きを抑制するモノクローナル抗体。上皮成長因子受容体との親和性が高く、上皮成長因子と受容体の結合を阻害することにより、腫瘍(しゅよう)の増殖を抑制する。2003年、米国の製薬会社ブリストルマイヤーズスクイブが発売。日本では平成20年(2008)に製造・販売が承認された。頭頸部癌(とうけいぶがん)の治療薬としても使用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

セツキシマブの関連キーワードKRAS遺伝子検査バイオ医薬品分子標的薬ケイラス制癌剤

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セツキシマブの関連情報