コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セピック[川] Sepik

1件 の用語解説(セピック[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セピック[川]【Sepik】

パプア・ニューギニア第2の大河。延長1126km。インドネシア国境に近いニューギニア中央高地テレフォミン付近を水源とし,はじめ北西流,国境沿いに北流し,南緯4゜付近からは中央高地北側のセピック盆地を東流,ウェワクの東80km付近でビズマーク海に注ぐ。川の大部分は遡行可能で,特に中流から下流は高度差がほとんどなく,広大な氾濫原を蛇行しながら流れる。チャンブリ湖をはじめ多くの湖沼をもち,12~1月の雨季には付近は大湿原と化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セピック[川]の関連キーワードソロモン諸島ニューブリテン島パプアニューギニアポートモレスビーメラネシアニューギニアパプアパプア亜区ニューギニア・シンギング・ドッグ東部ニューギニア戦線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone