コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セピック[川] Sepik

世界大百科事典 第2版の解説

セピック[川]【Sepik】

パプア・ニューギニア第2の大河。延長1126km。インドネシア国境に近いニューギニア中央高地テレフォミン付近を水源とし,はじめ北西流,国境沿いに北流し,南緯4゜付近からは中央高地北側のセピック盆地を東流ウェワクの東80km付近でビズマーク海に注ぐ。川の大部分は遡行可能で,特に中流から下流は高度差がほとんどなく,広大な氾濫原を蛇行しながら流れる。チャンブリ湖をはじめ多くの湖沼をもち,12~1月の雨季には付近は大湿原と化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セピック[川]の関連キーワードパプア・ニューギニア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android