セプトゥアギンタ(英語表記)Septuaginta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セプトゥアギンタ
Septuaginta

旧約聖書の最古のギリシア語訳。正式名は Interpretatio Septuaginta Virorum。「七十人訳聖書」もしくは「ギリシア語訳旧約聖書」ともいう。旧約聖書偽典『アリステアス書簡』に,前3世紀プトレマイオス2世フィラデルフォスの命により 72人のユダヤ人の学者が 72日間で完成したとあるところからこの名がある (307節) 。しかし実際は少数集団によってエジプトのアレクサンドリアで,ディアスポラのユダヤ人の要求に応じて,まず律法の部分が訳され,その後1世紀かけて現行正典の大部分が訳された。原典にない多くの文書も含まれて区分配列も現行聖書とは異なっている。諸古代語訳中最も重要なもので,ヘブライ語原典のテキスト・クリティークの重要資料であるだけでなく,コイネー (共通の) ・ギリシア語文書として言語学的にも貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のセプトゥアギンタの言及

【七十人訳聖書】より

…〈律法〉部分の翻訳については《アリステアスの手紙》に成立事情の伝承が残されている。〈セプトゥアギンタSeptuaginta〉(略号LXX,ラテン語で70の意)と呼ばれるのは,最初の〈律法〉の翻訳が72人の翻訳者によったことと関係するとする説と,〈70〉が旧約聖書で権威ある数を示すことによる〈権威的〉翻訳の意であるとの説がある。現在,ほぼ完全な形では,後4,5世紀のギリシア語大文字冊子本に残され,それらと後2世紀のパピルス本などが照合され,校訂版が出版されている。…

【写本画】より

…ヘレニズム時代からはアレクサンドリアが写本の制作と収集の一大中心地となり,ローマ帝国に写本芸術の伝統を伝えた。挿絵入りのギリシア語訳旧約聖書(セプトゥアギンタSeptuaginta)もすでに紀元前に成立していたと考えられる。現存例の少ない古代の写本をしのばせる古代末期の作品として,バチカン図書館蔵《ウェルギリウス》(5世紀),ディオスコリデス著《薬物誌》(6世紀),《コットン創世記》(6世紀)などがあげられる。…

※「セプトゥアギンタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android