コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミカルバジド semicarbazide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セミカルバジド
semicarbazide

カルバミンジアミド,カルバミン酸ヒドラジド,アミノ尿素ともいう。化学式 H2NCONHNH2柱状晶。融点 96℃。塩酸塩として市販され,アルデヒドケトンと反応して結晶性のセミカルバゾンを与えるので,その確認試薬として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セミカルバジド
せみかるばじど
semicarbazide

炭酸のモノアミドモノヒドラジド、あるいは尿素CO(NH2)2のアミノ基-NH2の一つをヒドラジノ基-NHNH2で置換したものとみなすことができる化合物。アミノ尿素、カルバミン酸ヒドラジドともいう。化学式H2NNHCONH2、分子量75.1、融点96℃。シアン酸カリウムKOCNと硫酸ヒドラジンの反応、あるいはニトロ尿素H2NCONHNO2の電解還元で得られる。一酸塩基で、塩酸塩は結晶しやすく、普通、塩酸塩の形で市販されている。アルデヒド、ケトン、糖などと縮合反応を行って、水に難溶な結晶性のセミカルバゾンを生じるので、これらの化合物の確認試薬として重要なものである。[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセミカルバジドの言及

【セミカルバゾン】より

…一般式RCH=NNHCONH2あるいはRR′C=NNHCONH2。セミカルバジドSemicarbazidoH2NCONHNH2がアルデヒドまたはケトンと脱水縮合して生成する化合物の総称。セミカルバゾンは一般に難溶性で,元のアルデヒドやケトンに比べて融点が高く,しかも結晶性のよい物質である。…

【ヒドラジド】より

…ヒドラジドに亜硝酸を作用させるとカルボン酸アジドR-CO-N3を生成する。カルバミド酸H2N-CO-OHのヒドラジドはセミカルバジドH2N-CO-NHNH2と呼ばれ,カルボニル化合物と縮合して結晶性のよいセミカルバゾンH2NCONHN=CR2を与えるので,カルボニル化合物の同定に使うことができる。【小林 啓二】。…

※「セミカルバジド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

セミカルバジドの関連キーワードウォルフ‐キシュナー還元カルボニル化合物

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android