コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラチア菌 せらちあきんSerratia marcescens

3件 の用語解説(セラチア菌の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

セラチア菌

病原性は高くないが、免疫能の低下したヒトに感染を起こす。いわゆる日和見感染症の原因になる菌で、睡眠薬中毒者や入院患者がよく感染する。肺炎、敗血症心内膜炎が代表的疾患。多臓器不全で死亡することもある。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

セラチア菌

緑膿(りょくのう)菌と並ぶ、代表的な院内感染菌。自然界に広く分布する常在菌の一種で、人の腸内に存在することもある。病原性は弱く、健康な人には害を生じないが、抵抗力が落ちた人が感染したり、健康な人でも血液に入ったりすると、敗血症や肺炎などを起こす。

(2008-07-18 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

セラチア‐きん【セラチア菌】

腸内細菌の一種でグラム陰性桿菌。人に対しては弱毒性だが、体力・免疫力が低下した人に感染すると尿路感染症・気道感染症・心内膜炎骨髄炎敗血症などを起こす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セラチア菌の関連情報