セラフィーム・サローフスキー(読み)せらふぃーむさろーふすきー(英語表記)Серафим СаровскийSerafim Sarovskiy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セラフィーム・サローフスキー
せらふぃーむさろーふすきー
Серафим Саровский Serafim Sarovskiy
(1759―1833)

帝政ロシア最後の聖人。近代ロシア修道信仰の代表者。亡命ロシア人の間にもっとも人気があった。中央ロシアのクルスクで生まれた。幼時、重病にかかり聖母の幻をみた。信仰心厚く、18歳のときサロフの修道院に入り、34歳のとき司祭となる。森の中で隠遁(いんとん)生活を送り、孤独、沈黙に徹し、聖書、聖典を学び、継続的祈りに終始し、柱行者(高柱の上で苦行する)の修行も行った。66歳のとき社会活動を始め、病人の治癒、尼僧院の経営を行う。彼の修道生活は清純で、聖霊の新しい息吹を感じさせた。[田口貞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

セラフィーム・サローフスキー

生年月日:1759年7月19日
ロシアの司祭
1833年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android