孤独(読み)こどく

精選版 日本国語大辞典「孤独」の解説

こ‐どく【孤独】

〘名〙
① みなしごと、年とって子どものないひとりもの。また、身寄りのない者。ひとりぼっち。ひとりびと。
※続日本紀‐和銅四年(711)一一月壬辰「又賜畿内百姓年八十以上及独不自存者衣服食物
※太平記(14C後)一二「法流相続の門弟一人も無く孤独(コドク)衰窮の身と成り」 〔礼記‐楽記〕
② (形動) 精神的なよりどころとなる人、心の通じあう人などがなく、さびしいこと。また、そのようなさま。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉八「可惜(あたら)お前の妙技も世に知られないで、孤独(コドク)飄零」
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉無名氏「『貴様、か?』と、妙に孤独な感じで、その人は呟いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「孤独」の解説

こ‐どく【孤独】

[名・形動]
仲間や身寄りがなく、ひとりぼっちであること。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいこと。また、そのさま。「孤独な生活」「天涯孤独
みなしごと、年老いて子のない独り者。
「窮民―の飢ゑをたすくるにも非ず」〈太平記・三三〉
[派生]こどくさ[名]
[類語]ひとりぼっちひとり単独単身一つ紅一点孤立人っ子一人一人天下孤高

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「孤独」の解説

【孤独】こどく

みなしごと、子のない老人。〔礼記、礼運〕大の行はるるや、天下と爲す。~故に人、獨り其の親を親とせず、獨り其の子を子とせず、~矜寡(くわんくわ)獨廢疾のをして、皆らしむ。

字通「孤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android