コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラム[島] セラム

2件 の用語解説(セラム[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

セラム[島]【セラム】

インドネシア東部,モルッカ諸島に属する島。Seramとも。バンダ海北部に位置。山がちで最高点ビナイジャ山(3019m)。ダマール(樹脂)の特産がある。東部のブーラ付近に油田があるほか,ニッケルボーキサイト,鉄鉱石など各種地下資源の存在が知られている。
→関連項目モルッカ[諸島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セラム[島]【Pulau Ceram】

インドネシア東部,モルッカ(マルク)諸島南部の島。Seramともつづる。東西に細長く延び,マニパ海峡を隔ててブル島と,セラム海峡によりアンボン島と隣接する。面積約1万8000km2。人口約11万。主都は北岸のワハイ。地形は山がちで東西に山地が走り,最高点はビナイヤ山(3019m)。南西部海岸には多くの湾入がある。山地は大部分密林に覆われる。先住民はプロト・マレーあるいはメラネシア的要素の濃いアルフール族とされるが,海岸には他民族も混住する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セラム[島]の関連キーワードインドネシア語インドネシア語派バンダ海マルケサス諸島マレー語モルッカ諸島蘭領インド印度尼西亜インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone