コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルフ・スプライシング self-splicing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルフ・スプライシング
self-splicing

メッセンジャー RNAイントロンを切り出すスプライシング反応は,通常酵素の反応により行なわれているが,ある種のリボソーム RNA前駆体がスプライシング機能を有することがコロラド大の T. R.チェックにより発見された。これをセルフ・スプライシングといい,このような自己触媒 RNAをリボザイムという。 RNAの触媒機能の発見は,初期の生命体は RNAのみにより成り立っていたとする RNAワールド説を示唆するものであり,生命の起源を解き明かす可能性がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セルフ・スプライシングの関連キーワードRNA干渉リボ核酸マイクロRNARNAポリメラーゼメロー遺伝暗号ファイアー逆転写酵素核酸転移RNA

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android