セレス人(読み)セレスじん(英語表記)Sēres; Seres

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレス人
セレスじん
Sēres; Seres

古代ギリシア・ローマで中国人,チベット人をさした言葉。絹 silkの語源。中国 Sinaeの存在はアレクサンドロス3世 (大王) の時代に知られたが,ローマ皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の時代以降絹の産地として有名となる。特にネロ帝 (在位 54~68) 以後中国の物資が多くローマに流入し,知識も増したが,その位置についてはインドのかなたと考えられるなど,不正確にしか知られなかった。以後後漢の使節アンチオキア (97) を,ローマの使節がカシュガル (120頃) を訪れるなど交流が増し,パミールアルタイに関する知識が得られ,絹が動物からとられることが知られた。また 166年に大秦王安敦 (マルクス・アウレリウス帝) の使節がつかわされたことが中国側の史料から知られる。6世紀までには中国の東方に海があることも知られるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android