コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレス人 セレスじんSēres; Seres

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレス人
セレスじん
Sēres; Seres

古代ギリシア・ローマで中国人,チベット人をさした言葉。絹 silkの語源。中国 Sinaeの存在はアレクサンドロス3世 (大王) の時代に知られたが,ローマ皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の時代以降絹の産地として有名となる。特にネロ帝 (在位 54~68) 以後中国の物資が多くローマに流入し,知識も増したが,その位置についてはインドのかなたと考えられるなど,不正確にしか知られなかった。以後後漢の使節アンチオキア (97) を,ローマの使節がカシュガル (120頃) を訪れるなど交流が増し,パミールアルタイに関する知識が得られ,絹が動物からとられることが知られた。また 166年に大秦王安敦 (マルクス・アウレリウス帝) の使節がつかわされたことが中国側の史料から知られる。6世紀までには中国の東方に海があることも知られるにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android