コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センゲ・ホンタイジ センゲ・ホンタイジSengge Qong Tayiji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センゲ・ホンタイジ
Sengge Qong Tayiji

[生]1538
[没]1585
中国,明末のモンゴルの部族長。トゥメット (土黙特) 順義王アルタン (俺答) の息子。センゲの名は漢字では辛愛と写され,ホンタイジ (黄台吉) とも略称される。若いときに父から独立して武勇をふるい,大いに明に恐れられた。 1571年アルタンが明と和して順義王に封じられると,センゲは都督同知に任じられた。父の命令に従わず,父の後妻三娘子とも不和であったが,81年に父が死ぬと,帰化城の富を握った三娘子と結婚しなければ順義王を襲封できないことになったため,82年三娘子と妥協して結婚,セチェン・ハンと称し,83年首尾よく順義王に封じられた。しかし内紛が続いて部内を統制する力を失い,まもなく死んだ。その跡は長子チュルゲが継いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

センゲ・ホンタイジの関連キーワードシェークスピアシェール・シャー四国征伐安土桃山時代(年表)足利義明足利義明ストラスブール大学パラケルスス新納忠元ガリレイ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android