コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義明 あしかがよしあき

5件 の用語解説(足利義明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義明
あしかがよしあき

[生]文明14(1482)
[没]天文7(1538).10.5.
室町時代後期の武将。政氏の子。下総小弓に住し,小弓御所と呼ばれた。里見氏の援助により関東制圧を目指したが,下総国国府台北条氏綱と戦い敗死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義明 あしかが-よしあき

?-1538 室町-戦国時代の武将。
足利政氏の子。僧となり,八正院空然と号したが,永正7年還俗(げんぞく)。父や兄高基と不和となり,流浪ののち上総(かずさ)(千葉県)の武田氏にむかえられ,下総(しもうさ)小弓(おゆみ)城(千葉県)にはいって小弓御所とよばれた。甥(おい)の4代古河公方(こがくぼう)足利晴氏と対立,晴氏方の北条氏綱とたたかい天文(てんぶん)7年10月7日敗死した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義明

没年:天文7.10.7(1538.10.29)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。古河公方足利政氏の次男。幼少時に僧籍に入り愛松王,のちには八正院空然と称し,鎌倉府支配体制の一翼を担った雪下殿(鎌倉鶴岡八幡宮若宮別当)の地位にあった。永正期(1504~20)前半,父政氏,兄高基の抗争が続くなかで次第に政治的自立を果たし,宗斎,次いで還俗して義明と名乗った。当初兄高基と同一行動をとったが,永正13(1516)年ごろから一転して父政氏と結び,高基と対立。その間,居所は下総高柳の地にあったが,上総真里谷武田氏の要請により同15年7月ごろ下総小弓に入部し,これを機に道号道哲を称した。以後南関東諸氏統合の象徴として小弓公方と尊称され,その権力を浸透させる一方,古河公方高基との抗争を激化させた。その関係は高基の子晴氏にも引き継がれたが,その権力の限界を象徴するかのように,天文7(1538)年下総国府台において,晴氏の命を受けた北条氏綱軍と交戦し,乱戦の最中孤軍奮闘,敗死した。<参考文献>佐藤博信『小弓公方足利氏の成立と展開』

(滝川恒昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしあき【足利義明】

?‐1538(天文7)
戦国時代の武将。古河公方(こがくぼう)足利政氏の子。幼少にして僧籍に入り鶴岡八幡宮の別当(雪下殿)となって,八正院空然と称した。永正年代(1504‐21)後期には父政氏と対立し,還俗して義明と称し,その後まもなく道号道哲を称した。彼は上総武田氏に擁立されて,下総原氏の居城小弓(おゆみ)城を奪取し,同城を拠点に下総,上総,安房に勢力を伸張し,小弓公方と尊称された。後に勢力拡大を恐れた古河公方足利高基と対立し,その子晴氏のとき,1538年下総国府台(こうのだい)で晴氏の命を受けた北条氏綱の軍勢と戦って敗死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義明
あしかがよしあき
(?―1538)

室町後期の武将。小弓御所(おゆみごしょ)。古河公方(こがくぼう)第2代政氏(まさうじ)の子、同3代高基(たかもと)の弟。初め僧となったが、1510年(永正7)に還俗(げんぞく)する。空然(くうねん)、宗済(そうさい)、道哲などと号し、雪下殿(ゆきのしたどの)ともよばれ、12点の発給文書が残存しており、それらからみると、古河公方に準じた権限を行使している。父や兄高基と不和で奥州を流浪するが、上総(かずさ)の武田氏に迎えられ、1517年に下総(しもうさ)小弓城(千葉市南生実町)に入る。後北条(ごほうじょう)氏と結ぶ兄と対立し東国に覇を唱えようとした。1537年(天文6)里見義尭(よしたか)と結び真里谷の上総武田氏の内紛に干渉、翌1538年(天文7)10月、後北条氏の軍勢と下総国府台(こうのだい)で合戦し、弟基頼、子義純とともに敗死した。[平田満男]
『『小弓御所様御討死軍物語』(『続々群書類従』所収) ▽大野太平著『房総里見氏の研究』(1933・宝文堂/復刻版・1972・千葉県郷土資料刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足利義明の言及

【上総国】より

… 室町時代の上総は犬懸上杉氏の本拠となり,上杉禅秀の乱後,1418‐19年(応永25‐26)には氏憲の遺臣榛谷重氏らが平三城(市原市平蔵),坂水城(不明,夷隅郡岬町か)に拠り一揆(上総本一揆)を起こしている。戦国時代に入ると,安房の里見氏が勢力をふるい,義尭(よしたか)のとき上総に進出し,小弓(おゆみ)御所足利義明を支持して1538年(天文7)北条氏綱と下総国府台(こうのだい)(市川市)で戦ったが敗れ,義明は討たれた。このころ義尭は久留里城(君津市久留里),義尭の子義弘は佐貫城(富津市佐貫)にいて南房総を分国とした。…

【里見氏】より

…戦国時代に南房総を領国とした大名。清和源氏新田氏流。新田義重の子義俊が上野国碓氷郡里見郷に住み,里見を称したのに始まる。義俊の9代後の家基が結城合戦で討死し(1441),嫡子義実が逃れて相模国三浦に落ち,三浦氏の援助のもとに安房国白浜に渡り,以後房総里見氏の活動が始まったという。当時の安房国では長狭郡に東条氏,朝夷郡に丸氏,安房郡に神余氏,平群郡に安西氏の4豪族が分立していたが,義実は武略をめぐらせて諸豪を押さえ,1445年(文安2)安房一国を平定したと房総の諸軍記は伝えている。…

※「足利義明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利義明の関連キーワード喜連川義氏足利高基足利政氏古河公方足利基頼足利義氏(2)渭継里見義通芳春院(1)芳春院

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone