センター試験(読み)せんたーしけん

デジタル大辞泉の解説

センター‐しけん【センター試験】

《「大学入試センター試験」の略称》各大学の試験に先立って全国一斉に行う共通テスト。独立行政法人大学入試センターが実施する。共通一次試験に代わって平成2年(1990)春の入試から始まり、私立大学も参加できる。
[補説]大学入学共通テストへの移行にともない、2019年度で廃止の予定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

センター試験

平成二(一九九〇)年度からかつての共通一次試験に代わって登場した、第一次の選抜を行う試験。国公立大学のみならず、私立大学でも部分的に利用することができるため、採用する大学が増えている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

センターしけん【センター試験】

「大学入試センター試験」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

センター‐しけん【センター試験】

〘名〙 (「大学入試センター試験」の) 各大学の試験に先立って全国一斉に行なわれる共通テスト。共通一次試験に代わって平成二年(一九九〇)春の入試から始まったもので、私立大学も参加できる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センター試験の関連情報