コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通一次試験 キョウツウイチジシケン

デジタル大辞泉の解説

きょうつう‐いちじしけん【共通一次試験】

《「国公立大学共通第一次学力試験」の略》国公立大学の入学者選抜のため、全校共通の試験問題を用いて実施された学力検査大学入試センターにより、昭和54年(1979)から平成元年(1989)まで行われ、平成2年(1990)より大学入試センター試験に移行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうつういちじしけん【共通一次試験】

1979年度(昭和五四)から国公立大学への入学を希望する者に対して行われた、基礎学力を判定するための共通試験。1989年度で廃止され、翌年度から大学入試センター試験が行われるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共通一次試験
きょうつういちじしけん

大学入学者選抜方法の改善のために、1979年度(昭和54)から1989年度(平成1)まで全国的規模で実施された統一試験。正式名称は「国公立大学入試選抜共通第一次学力試験」。1960年代には大学進学率が急上昇したが、それとともに特定の大学・学部への志願者の集中傾向により競争がいっそう激化した。その結果、学力検査中心の選抜方法が強化され、また高校の学習指導要領から逸脱した出題なども現れ、高校教育が知識中心の受験準備教育に陥るような弊害を生じてきた。このため1970年ごろから、国立大学協会、大学入試改善会議、全国高校長協会などを中心に、国公立大学の入学試験制度の改革が検討された。その結果、1977年度には共通一次試験のための大学入試センターが発足し、数回の試行テストののち、1979年度入試から実施されることとなった。共通一次試験は1月に5教科7科目についてマークシート方式で実施され、3月に各大学ごとの二次試験が行われた。各大学は両者の結果をもとに入学候補者を選抜することとした。その後この制度の存続をめぐって、各種の改革案が検討された結果、1990年度から「大学入試センター試験」制度に継承されて、国・公・私立大学のすべてに自由な利用を認めることとなった。[真野宮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の共通一次試験の言及

【大学】より

…大学入試の激化(特定大学の入学難),大学全体とくに進学者の80%を引き受けた私立大学の研究・教育条件の悪化などの深刻な事態が生み出されている。79年に大学入試の合理化をめざして国・公立大学共通一次試験が実施され,毎年33万人前後の学生が受験した。なおこの試験は90年以降,臨時教育審議会の答申により,〈大学入試センター試験〉と改称され,私立大学でこれに参加する大学も増えつつある。…

【入学試験】より

…その第1は,中学校,高等学校での学業成績は,それぞれ個々の学校内での相対的な位置を示してはいるものの,学校差がある場合には,その側面が把握できない,第2としては,とくに大学入試のようにいわゆる浪人が受験する場合,浪人期間中の学力の水準向上がとらえられない,などがそのおもな点である。
[共通一次試験]
 現在の日本では,高等学校への入学者選抜では,入学試験の成績と中学校での調査書の両者を組み合わせて,総合的に判定する方式が,一般的にはとられている。また大学,短大への入学試験は,第2次大戦後これまでさまざまな変遷をたどってきたが,国公立大学の場合には,1979年より共通第一次試験が導入されるに伴い,全国の国公立大学が協同して実施する共通第一次試験と,各大学,学部が実施する第二次試験の組合せによって,入学者の選抜を行う方式がとられるようになった。…

※「共通一次試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

共通一次試験の関連キーワード代々木ゼミナール飯田 経夫加藤陸奥雄基礎学力海部俊樹偏差値翌年度

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共通一次試験の関連情報