コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・オフ・クーポン cents-off coupon

DBM用語辞典の解説

セント・オフ・クーポン【cents-off coupon】

クーポン持参者に購買時点で値引き権利を与えるクーポン。クーポンは持参者から小売業者に渡され、小売業者は、それを償還するためにメーカー、卸業者、あるいはクーポン・クリアリングハウス(例えば、ニールセンクリアリングハウス)に提供する。ある小売業者は店舗に顧客をより多く呼び込む目的で、独自のクーポン(ストア・クーポン)を提供し、値引き費用を自ら引き受けるものもある。クーポンは消費者が新製品を試したり、購買頻度を高めたり、ブランドスイッチを引き起こしたりする戦略目的で使用される。ある種のクーポンは、クーポン発行者の目的達成を確実にするため、期限や最低購買量が定められている。クーポンは新聞や雑誌の折込、広告欄等を通して配布される。あるクーポンは商品パッケージの中に入っていたり、パッケージ上に付いていたりして、同じ商品を購入したり、併用品(例えばチーズのクーポンがクラッカーのパッケージに挿入されていたりする。)を購入する際に利用できるものもある。後者は、クロス・クーポニング(Cross-Couponing)と呼ばれる。これらのクーポンは、1年におよそ1,500億も発行されている。しかしながら実際に償還されるのはほんのわずかである。(平均3%といわれている)最も償還率の良いクーポンはパッケージに挿入されていたり、パッケージ上に付いているクーポンである。これはすでにその商品を購入した人々は再び同じ商品を購入しやすいという理由からである。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android