クーポン(英語表記)〈フランス〉coupon

  • coupon

デジタル大辞泉の解説

切り取って使用する券。回数券など。
乗車券・指定券・宿泊券などを一つづりにしたもの。また、一定の条件で利用できる割引券や優待券。「クーポン券」
債券利札。また、そこに表示された利息のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

〈切り取る〉という意のフランス語couperから生まれた用語。本来は利札をさすが,現在は一般に信用販売機関が発行する購買,旅行業者が交通・宿泊・観光機関と予約し利用者に発行する周遊券,旅館券などのほか,商店等が配布する割引券類もクーポンと呼ばれる。なお米国では広告の一部にクーポンが刷り込まれ,それを持参すると小売店等で商品が割り引かれたり商品見本がもらえるクーポン付き広告が広く行われている。日本でも新聞・雑誌等で行われているが,まだ規模は大きくない。
→関連項目クーポン広告

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

投資信託の用語集の解説


利息支払いのための利札(りさつ)のこと。利息自体をさすこともある。通常は債券と一緒に印刷されている。利息が支払われる「利払日」が、この利札を1枚ずつ切り離して利払いを受付けることになっている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

使用目的の違う何枚かの切符を一冊にとじて、切り取り式にしたもの。乗車券・指定券・宿泊券・観覧券などをとじ合わせたものなど。クーポン券。
各種の切り取り式証券類。債券の利札や回数券・景品券・割引券など。
利子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (coupon) 本体から切り取っては使用する紙片をいう。
① 債券の利札、回数券、景品券、配給券、観覧券などの切取式切符。〔舶来語便覧(1912)〕
② 鉄道、バスなどの乗車券や指定旅館の宿泊券などを一つの組にしたもの。
※ソ聯十日(1946)〈正宗白鳥〉「クーポンのセコンドクラスの切符所有者たるに過ぎない私達を」
③ 信用販売における商品購入切符など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クーポンの関連情報