セン・しげる(漢字)

普及版 字通「セン・しげる(漢字)」の解説


7画

[字音] セン
[字訓] しげる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は千(せん)。〔説文新附〕一下に「艸んなるなり」とあり、〔広雅、釈〕に「るなり」という。眠のように連用する。

[訓義]
1. しげる、草がさかんにしげる。
2. 青々としたさま、草木の相まじるさま。
3. 茜と通じ、あかね。

[古辞書の訓]
名義抄 ハナススキ・ススキ・ナマキ・サカリナリ 〔立〕 スシ・サカリナリ・ハナススキ・シゲル

[熟語]
綿

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android