セン・しげる(漢字)

普及版 字通 「セン・しげる(漢字)」の読み・字形・画数・意味


7画

[字音] セン
[字訓] しげる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は千(せん)。〔説文新附〕一下に「艸んなるなり」とあり、〔広雅、釈訓〕に「るなり」という。眠のように連用する。

[訓義]
1. しげる、草がさかんにしげる。
2. 青々としたさま、草木の相まじるさま。
3. 茜と通じ、あかね

[古辞書の訓]
名義抄 ハナススキ・ススキ・ナマキ・サカリナリ 〔立〕 スシ・サカリナリ・ハナススキ・シゲル

[熟語]
綿

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android