コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セン Sen,Amartya Kumar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セン
Sen,Amartya Kumar

[生]1933.11.3. ウェストベンガル,サンティニケタン
インドの経済学者。カルカッタのプレジデンシィー・カレッジで学んだのち,イギリスのケンブリッジ大学トリニティ校に進み,1959年に博士号を取得。デリー大学,ロンドン大学,オックスフォード大学などで教えたのち,88年ハーバード大学の経済学および倫理学教授に就任。 98年ケンブリッジ大学トリニティ校学寮長。社会選択理論の分野で,各個人に少くとも1つの社会的選択を決定する自由を与えるという意味でのパレート派リベラルの条件を満たす社会的決定関数の存在の不可能性を示し,社会選択理論を権利や自由の問題に関連づけて展開させることに大きな役割を果した。また開発経済学の分野では,第三世界における貧困の原因を究明し,現実的な投資基準や貧困の尺度の問題を扱った。経済学と倫理学の接点での研究では,貧困についての現実認識に根ざしながら,功利主義ないし効用主義に基づく厚生経済学の枠組みを根本的に見直す画期的な研究につながっている。この功績に対して,98年ノーベル経済学賞を授与された。経済学賞ではアジア初の受賞。主著"Choice of Thechniqes" (1960) ,"Collective Choice and Social Welfare" (70) ,"On Economic Inequality" (73),"Poverty and Famines" (81) ,"Choice Welfare and Measurement" (82) ,"On Ethics and Economics" (87) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

セン(Amartya Sen)

[1933~ ]インドの経済学者。国内外の大学教授を歴任、国連大学世界開発経済研究所の創立に関与する。1998年、所得分配の不平等と貧困・飢餓の研究が評価され、ノーベル経済学賞を受賞。アマルティア=セン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

セン

インドの経済学者。ベンガル州生れ。カルカッタ大学,イギリスのケンブリッジ大学卒業。1963年‐1971年デリー大学経済学部教授,1971年‐1977年ロンドン大学教授,1977年‐1987年オックスフォード大学教授,1987年‐1997年アメリカのハーバード大学教授,1997年イギリスへ戻り,ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学寮長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

センの関連キーワードヨウシュチョウセンアサガオセンドバックサポートランセン石(藍閃石)パネルヒーティング石英セン(閃)緑岩角セン(閃)石岩キチガイナスビヘキサンセン環セン(閃)緑岩小葉の提灯苔富士の万年草高野万年苔レンピーラリンギットセンタイ類メティカルボリビアノマンダラゲフローセン感傷主義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センの関連情報