コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広雅 こうがGuang-ya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広雅
こうが
Guang-ya

中国,三国時代字書。張揖 (ちょうゆう) の著。 10巻。魏の太和年間 (227~232) 成立。『爾雅』と同系統のいわゆる古い訓詁の字書。『爾雅』の旧目に拠りつつ,さらに他の諸書から広く内容をとったので『広雅』と称した。代,時の煬帝の諱を避けて『博雅』と改めたことがあり,今日でも両様に呼ばれる。清の王念孫の『広雅疏証』が注釈書としてすぐれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうが〔クワウガ〕【広雅】

中国の字書。10巻。魏の張揖(ちょうゆう)編。「爾雅」にならって19項目に分類し、漢代の学者の注釈などを増補したもの。のち、隋の曹憲が音釈を加えて、「博雅」と改題した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうが【広雅 Guǎng yǎ】

訓詁形式の字書。中国,魏の張揖(ちようゆう)著。著者の〈上広雅表〉によれば,もともと上・中・下3巻の構成であったが,隋の曹憲が音釈を作ったとき10巻に分け,かつ隋の煬帝(ようだい)の諱(いみな),広を避けて《博雅》と呼んだため,以後《博雅》ともいわれた。〈雅〉は《爾雅》の意味で,〈広爾雅〉すなわち《爾雅》増補版たることを意図する。編分けも《爾雅》に従い,訓詁も〈A,B,C……はXなり〉という《爾雅》式だが,《爾雅》そのものを内に含み込んでいるわけではなく,重複はしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうが【広雅】

中国、三国時代の字書。一〇巻。魏の張揖ちようゆう撰。「爾雅」の体裁にならい、漢代の学者の注釈や「説文」「三蒼」「方言」などで増補したもの。博雅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の広雅の言及

【文字学】より

…一般に訓詁(くんこ)の書といわれ,その成立年代は明らかでないが,前漢の作といわれる。のち,この体例にならったものが多く,その最も早いものに魏の張揖(ちようゆう)の《広雅》がある。古語ではなくして,方言を整理収録したものに揚雄の《方言》がある。…

※「広雅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広雅の関連キーワード武英殿聚珍版叢書藤原宗忠岩倉具選黒曜石考証学訓詁学方言体裁説文

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android