ゼネラル・ダイナミックスF-16ファイティングファルコン(読み)ゼネラル・ダイナミックスエフじゅうろくファイティングファルコン(英語表記)General Dynamics F-16 Fighting Falcon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ空軍の軽戦闘機。ハイ・ロウ・ミックス・コンセプトのもと,ゼネラル・ダイナミックスが開発した。「ハイ」はF-15戦闘機のような重戦闘機,「ロウ」はF-16戦闘機をさす。つまり高価な戦闘機と比較的低価格の戦闘機によって戦力を構成するもの。胴体と翼を一体化したブレンデッド・ウィングボディや,操縦桿と各舵を電気信号で結ぶフライ・バイ・ワイヤなど,開発当時の最新技術が導入された。初飛行は 1974年1月。運動性に優れるほか地上攻撃能力も高い。A型は 1979年から部隊配備開始。北大西洋条約機構 NATOやアジア諸国など 24ヵ国で採用され,生産数 4300機以上。うちアメリカ空軍には 2231機が引き渡され,2005年2月に生産を終了した。またオランダ,大韓民国,トルコ,ベルギーがライセンス生産した。日本の三菱F-2戦闘機のベースでもある。C型は,エンジンがP&W F100-PW-200 ターボファン (推力 12.2t) 1。乗員1,全長 15m,総重量 17t,最大速度マッハ2,航続距離約 3900km。武装は 20mm機関砲1,サイドワインダー・ミサイル,ロケット,爆弾など。史上最強の軽戦闘機ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android