コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼノンの逆説 ゼノンのぎゃくせつ paradox of Zenon

4件 の用語解説(ゼノンの逆説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼノンの逆説
ゼノンのぎゃくせつ
paradox of Zenon

古代ギリシアの数学者,哲学者であるゼノンの唱えた連続性に関する逆説。いくつかある中で代表的なものをあげる。 (1) 同時に出発し,後方からアキレスがカメを追いかけるものとする。アキレスがカメの出発点に達したとき,カメは前進して少し先の地点にいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゼノン‐の‐ぎゃくせつ【ゼノンの逆説】

エレア学派ゼノンが、自分の学派の説を守るために提示した逆説。運動を否定するための「アキレスと亀」や「飛ぶ矢は止まっている」などが有名。ゼノンのパラドックス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゼノンのぎゃくせつ【ゼノンの逆説】

ギリシャのエレア学派のゼノンが、師パルメニデスの「一にして不動の存在」を弁護するために、多と運動とを容認すれば矛盾が帰結することを証明した論法。「アキレスは先行する亀に追いつけない」「飛んでいる矢は静止している」など。 → アキレスの論証

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼノンの逆説
ぜのんのぎゃくせつ

パルメニデスを弁護するためにゼノン(エレアの)が考案した逆説(パラドックス)。それは〔1〕多否定論、〔2〕二分法、〔3〕アキレスと亀(かめ)、〔4〕飛矢、〔5〕競技場、である。〔1〕多くのものが存在すれば、おのおのが一つのものであって大きさをもたないゆえに無限に小さく、他方おのおのは無でない限り大きさをもつはずで、大きさは無限に分割できるゆえに無限に大きい。〔2〕目的地に行くには出発点との中間点を通らざるをえず、その中間点から目的地までのまた中間点を通らざるをえず、同様にして出てくる無限個の中間点を通過できないゆえに目的地に到達できない。〔3〕アキレスが、亀のいた地点に追い付くと、その間に亀は少し先に進んでいる。亀の進んだその地点にふたたびアキレスが追い付くと、その間に亀はまたすこし先に進んでいる。かくしてアキレスは亀に無限に近づくがけっして追い付けない。〔4〕飛んでいる矢は、今という瞬間には一定地点にあり、次の瞬間にも次の一定地点にある。こうして飛矢は各瞬間には静止しており、静止を積み重ねても運動は出てこない。〔5〕については詳細不明。[山本 巍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼノンの逆説の関連キーワードギリシャ正教ギリシャ哲学ギリシャ独立戦争ギリシャ文字ギリシャ正教会ヘラスギリシャ十字ギリシア棺謀殺事件ギリシャ棺の秘密ギリシア喜劇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼノンの逆説の関連情報