ゼロックス[会社](読み)ゼロックス

百科事典マイペディアの解説

ゼロックス[会社]【ゼロックス】

コピー機最大手。1906年創業。米国の一無名感光紙会社にすぎなかったが,1950年ゼログラフィーによる自動複写機を開発,1961年現社名に改称し,機器賃貸方式で急成長,米国および主要国複写機市場の60%以上を制した。ファクス,プリンター,スキャナー機能を併せ持った多機能コピー機が主力。紙やインク,トナーなどの消耗品も扱う。日本法人には富士ゼロックスがある。本社コネティカット州。2011年12月期売上高226億2600万ドル。
→関連項目GUI

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゼロックス[会社]【Xerox Corp.】

世界最大の複写機メーカー。本社アメリカ,コネティカット州スタンフォード。 1906年に設立された写真印画紙メーカー。ハロイド社Haloid Co.が前身。同社は50年に,カールソンChester F.Carlson(1906‐68)が発明した静電写真画像(ゼログラフィー,1940年に特許)の特許実施権を取得し,同年ゼロックスA型の発売を開始した。その後58年に社名をHaloid Xerox Inc.に,61年には現社名に改称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android