コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消耗品 しょうもうひん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

消耗品

消耗品とは、コピー用、文具類、封筒や便せん、洗剤、潤滑油など、会社で使用するもので、1回限りで使い切ったり使うにつれ量が減るようなものをいう。長期間にわたりその形状を変えずに繰り返し使用できる機械設備や机や椅子などの備品と区別される。 消耗品は購入するとすぐに使用する(1年以内に消耗する)のが前提のため、購入時点で消耗品費として損金処理することができるが、ストックを多く抱える場合は貯蔵品の一部として資産に計上する。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうもう‐ひん〔セウモウ‐〕【消耗品】

使うにつれて減ったりなくなったりする品物。紙・石油など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうもうひん【消耗品】

使うにつれてなくなったり、傷ついたりする物。事務用品など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

消耗品の関連キーワードジェイ・エスコムホールディングス低レベル放射性廃棄物埋設センターMonotaRO(モノタロウ)サッポロドラッグストアーハイブリッド・サービス販売費および一般管理費ソディックハイテック政治団体の支出費目マスターズシステムジーエルサイエンス輸出物品販売場制度イエロー・グッズカジュアルウェアアルバックテクノMonotaROランニングコストクーリング・オフ西松屋チェーン要素別原価計算ヤバネスポーツ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消耗品の関連情報