消耗品(読み)しょうもうひん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

消耗品

消耗品とは、コピー用、文具類、封筒や便せん、洗剤、潤滑油など、会社で使用するもので、1回限りで使い切ったり使うにつれ量が減るようなものをいう。長期間にわたりその形状を変えずに繰り返し使用できる機械設備や机や椅子などの備品と区別される。 消耗品は購入するとすぐに使用する(1年以内に消耗する)のが前提のため、購入時点で消耗品費として損金処理することができるが、ストックを多く抱える場合は貯蔵品の一部として資産に計上する。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうもうひん【消耗品】

使うにつれてなくなったり、傷ついたりする物。事務用品など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうもう‐ひん セウモウ‥【消耗品】

〘名〙 使用するに従ってなくなったり、すぐ使用できなくなったりしていく品物。しょうこうひん。
※風俗画報‐二九三号(1904)補助輸卒の功績「其必需の消耗品を供給するには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消耗品の関連情報