コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼンメルバイス Semmelweis Ignaz Philipp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼンメルバイス
Semmelweis Ignaz Philipp

[生]1818.7.1. ブダ
[没]1865.8.13. ウィーン
ハンガリーの産科医。産褥熱の原因を発見し,その対策として消毒法を実用化した最初の人。 1844年ウィーン大学卒業後医師となり,産科病棟勤務。医学生が実習する第1産科のほうが助産師養成のための第2産科よりも産褥熱の発生率が高いことから,不潔な手で内診することによる接触感染が原因と断定した。彼はただちに,分娩中の手当てをする前に石鹸と水で手をよく洗うことを励行させた。また,1847~49年には塩化カルシウム液の消毒によって産褥熱発生率を 10分の1以下に下げることに成功したが,当時の産科部長ヨハン・クラインはこの顕著な業績を認めず,助教授への昇進も阻み,ゼンメルバイスをウィーンから追放した。 1855年に帰国,ブダペスト大学産科教授となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゼンメルバイスの関連キーワードホームズホワイト

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android