コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産褥熱 さんじょくねつ puerperal fever

翻訳|puerperal fever

5件 の用語解説(産褥熱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産褥熱
さんじょくねつ
puerperal fever

出産によって生じた,産道や子宮腔内の創傷が細菌に感染して引き起こされる発熱。直接の感染症と,間接の産褥創傷中毒症との2型,あるいはその混合型がある。 1847年~49年ハンガリーの産科医イグナス・P.ゼンメルバイスが,臨床観察から産褥熱が接触感染で起こることを推定,医師や助産師に塩化カルシウム液で手指消毒を行なわせることによって発病率 (死亡率) を 10分の1に減らした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんじょく‐ねつ【産×褥熱】

産褥期に起こる発熱性の感染症。分娩(ぶんべん)の際に生じた傷に細菌が感染して起こる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

産褥熱【さんじょくねつ】

出産後,胎盤が剥離(はくり)した後の子宮壁,産道などの傷面からの細菌感染による創傷熱。主としてグラム陰性杆(かん)菌により,その他グラム陽性球菌,嫌気(けんき)性菌などによる。
→関連項目ゼンメルワイス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

さんじょくねつ【産褥熱 Puerperal Fever】

[どんな病気か]
 子宮内の胎盤(たいばん)の剥離面(はくりめん)をはじめ、分娩(ぶんべん)によって生じた傷に細菌が感染し、産後24時間以降から10日以内に、38℃以上の熱が2日以上続いた場合をいいます。現在では、分娩管理や抗生剤の進歩により、著しく少なくなりました。
[症状]
 もっとも多い子宮内感染(産褥子宮内膜炎(ないまくえん))の場合では、産後3~4日ごろに、発熱、下腹部痛、子宮の圧痛をきたし、悪露(おろ)(産褥期の注意すべき症状と対策の「産褥期のからだの変化」)に悪臭があり、子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)がみられます。さらに重症になると、敗血症(はいけつしょう)(「敗血症」)のような生命にかかわる状態となります。
[検査と診断]
 血液検査が行なわれますが、産褥4日目ごろまでは、分娩の生理的影響を受けるので、判定が困難です。また、悪露、膿(うみ)、血液について、細菌の培養検査が行なわれます。
 産褥熱は、その症状から診断は比較的容易ですが、乳腺炎(にゅうせんえん)(「急性うっ滞性乳腺炎」)、腎盂炎(じんうえん)(「腎盂腎炎(腎盂炎)」)、手術による傷あとの感染などと鑑別する必要があります。
[治療]
 全身、あるいは局所を安静にして、抗生剤や消炎剤を使用します。悪露がたまっている場合は、子宮の出口を拡張させ、子宮収縮剤を使います。子宮内に胎盤などが残っている場合には、十分な抗生剤を使用したうえで、子宮内掻爬(そうは)(子宮内容物の除去手術)が行なわれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

さんじょくねつ【産褥熱】

産褥期に、産道の創傷に化膿菌などが感染して起こる高熱を伴う疾患。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の産褥熱の言及

【産褥】より

…この体温上昇は,分泌物などが血中に吸収される際の一種の吸収熱と考えられる。38℃以上の発熱はすべて病的なものとみなすべきで,産褥熱(分娩時にできた創傷から細菌が侵入して起こる熱性疾患)に注意する。また尿路系や乳腺の感染症に留意する。…

【ゼンメルワイス】より

…ハンガリーの医師。ブダに生まれ,ウィーン大学を1844年に卒業,同年から5年間同大学産科学教室助手として勤務したが,その間47年に産褥(さんじよく)熱を予防するには塩化石灰水で手を洗う方法がきわめて有効であるという説を発表した。彼の着眼点は,それから20年後の67年に初めて石炭酸包帯法と噴霧法とを外科手術に応用して,のちに消毒法の生みの親として知られるようになったリスターのそれとまったく同じであったのだが,当時の学界では,それがもつ意味を理解できたものはほんの数人で,ついに公認されなかった。…

※「産褥熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

産褥熱の関連キーワード子宮内膜子宮内栄養不良子宮内成長遅延子宮内膜異常パジョーの法則子宮内反(症)子宮復古不全晩期出血胎盤遺残部分前置胎盤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone