コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソクラテスの思い出 ソクラテスのおもいでApomnēmoneumata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソクラテスの思い出
ソクラテスのおもいで
Apomnēmoneumata

古代ギリシアの著述家クセノフォンの著作。内容はポリュクラテスの『ソクラテスの告発』に対するソクラテスの弁護,ソクラテスの言行,教育論より成る。歴史的ソクラテスを知るうえにきわめて貴重な文献。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソクラテスのおもいで【ソクラテスの思い出 Apomnēmoneumata】

クセノフォン作のソクラテス回想録。4巻から成り,2巻までは前399年死刑になったソクラテスを弁護し,宣告を下したアテナイ人たちを非難することを主題としている。しかし,かなり後から成立した3巻と4巻は,ソクラテスそのものからは離れ,国家および家庭の問題を扱っている。クセノフォン作のソクラテス関係の著作は,ほかに《ソクラテスの弁明》《家斉論》《饗宴》がある。【安西 真】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ソクラテスの思い出の関連キーワードゼノン[ストア]ベッサリオン伝記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android