ソクラテス学派(読み)ソクラテスがくは

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ソクラテスの思想と行動をその哲学の根拠とした学派。狭義には、キニク学派、キュレネ学派、メガラ学派、エリス学派のいわゆる小ソクラテス学派をいい、広義にはソクラテスの弟子プラトンの古アカデミー学派やアリストテレス学派(ペリパトス学派)も含める。いずれも人間の幸福と徳との関係を主要な関心とした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android