コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソテツ科 ソテツかCycadaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソテツ科
ソテツか
Cycadaceae

裸子植物ソテツ目の1科。中生代に広く栄えた植物群であるが,現在では9属約 100種が新旧両大陸とオーストラリアの熱帯,亜熱帯に残存している。このうちソテツ属 Cycas以外のザミア属 Zamia (新大陸熱帯に分布) ,ディオーン属 Dioon (メキシコ) ,マクロザミア属 Macrozamia (オーストラリア) などをまとめてザミア科とすることもある。この場合,狭義のソテツ科は1属約 20種でマダガスカルと東南アジアに産し,ソテツ (蘇鉄) はその最北限の種で琉球列島から九州南部にまで自生がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソテツ科の関連情報