コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリアーノ宮殿 ソリアーノキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ソリアーノ‐きゅうでん【ソリアーノ宮殿】

Palazzo Soliano》イタリア中部、ウンブリア州の都市オルビエートにあるゴシック様式の宮殿。13世紀末から14世紀にかけてローマ教皇ボニファティウス8世により建造。1階は現代の彫刻家エミリオ=グレコの作品を展示する美術館、2階は大聖堂付属博物館で、シモーネ=マルティーニをはじめとするシエナ派の板絵などの傑作を所蔵している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ソリアーノ宮殿の関連キーワードマルティーニ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android