コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロネッツ土 ソロネッツど solonetz soil, black alkali soil

1件 の用語解説(ソロネッツ土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ソロネッツ土

塩水化作用および脱塩水化作用によって発達した土壌で,一般に砂漠または乾燥地帯見られる話し言葉では黒色アルカリ土(black alkali earth or soil)として知られている.土壌中の過剰のナトリウム塩あるいは交換されたナトリウム,および塩類層の深さは脱塩水化作用の範囲で変化する[Robinson : 1936, Gerasimov & Glazovskaya : 1965].ソロンチャクの中の可溶性塩類が,地下水の低下や気候変化による雨量の増大あるいは灌漑などによって表層から溶脱されてできる土壌をいう.過剰の塩類が溶脱されて粘土がナトリウム粘土となるために,炭酸と反応して炭酸ナトリウムを生成し,ソロンチャクよりもアルカリ性が強くなる[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソロネッツ土の関連キーワード風化作用マグマ分化作用赤色化作用瀝青化作用雲母化作用ミロナイト化作用スカルン化作用エピ分化作用分別分化作用沸石化作用

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone