コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロモンの頌歌 ソロモンのしょうかOdae Salomonis; Odes of Solomon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロモンの頌歌
ソロモンのしょうか
Odae Salomonis; Odes of Solomon

新約聖書の偽典の一つ。 42の短い頌詩の集成で,グノーシス主義やヨハネ神学の影響がみられる。 1907年頃 J.ランバル・ハリスによってシリア語写本が発見され,ほぼ全体が知られるようになった。2世紀頃シリアでキリスト教徒ユダヤ人著作から編集したか,あるいは独自に創作したと推定されるが,その原語,成立動機については定説がない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソロモンの頌歌の関連キーワードグノーシス主義新約聖書ルツ記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android