コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンゴ・ムナラ遺跡 ソンゴ・ムナラいせきSongo Mnara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンゴ・ムナラ遺跡
ソンゴ・ムナラいせき
Songo Mnara

タンザニアの首都ダルエスサラームの南方約 280kmのインド洋上に浮かぶ島,ソンゴ・ムナラ島にあるイスラムの遺跡。キルワ遺跡の残るキルワ・キシワニ島の南に位置する。マングローブの密林の中にあり,キルワ遺跡とは対照的にほとんど廃墟と化している。 14世紀には町ができ,18世紀頃まで使われていた形跡が残るが,五つのモスクの廃墟だけが残り,どのような民族が生活し,いつ滅びたかも解明されていない。ムナラとはスワヒリ語で「塔」を意味する。 1981年キルワ遺跡とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソンゴ・ムナラ遺跡の関連キーワードタンザニア

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android