コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーシャルプラグイン そーしゃるぷらぐいんSocial Plugin//Social Plugins

1件 の用語解説(ソーシャルプラグインの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ソーシャルプラグイン

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が、企業のサイトなどに設置できるように提供している機能、プログラムのこと。Facebookが提供する「いいね!」ボタン、「コメントボックス」、「送る」ボタンなどが具体例である。
Facebookの「いいね!」ボタンは、訪問者がサイト上のコンテンツに興味・関心があれば、クリックするボタン。クリックされた回数がカウント表示されるため、サイト運営者は、コンテンツに対する訪問者の関心度が分かる。また、訪問者は、クリックしたコンテンツをFacebookの友達と共有したり、コンテンツの更新情報を受けたりすることができる。
「コメントボックス」はサイトに対するコメントが入力できる機能。「送る」ボタンも「いいね!」ボタンと同様に興味・感心を示すボタンだが、コンテンツを共有する友達を任意で選択できる点が「いいね!」ボタンとは異なる。
最近は、Facebookの「いいね!」のようなソーシャルボタン呼ばれるプラグインに人気があり、他のSNSでは、Twitterの「ツイートする」、mixiの「イイネ!」、GREEの「いいね!」やGoogleの「+1(プラスワン)」ボタンなどが同様のプラグインである。
ソーシャルボタンが人気の理由は、ユーザーが気軽に使える点にある。「コメント」機能では、ユーザーが何か文章を入力する必要があるのに対し、ソーシャルボタンは、クリックするだけで良い。なお、検索エンジン最適化SEO事業を展開する米BrightEdge Technologies社の調査によると、大手企業のサイトにおいて、Googleの「+1」ボタンの導入率が急速に伸びているとのことである。

(横田一輝  ICTディレクター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソーシャルプラグインの関連情報