ソースプログラム

大辞林 第三版の解説

ソースプログラム【source program】

コンピューターで、プログラム言語で記述されたプログラム。コンピューターで実行させるには、コンパイラーやアセンブラーでオブジェクト-プログラムに翻訳しなければならない。原始プログラム。ソース-コード。 ⇔ オブジェクト-プログラム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソースプログラム
source program

コンピュータ用プログラムのうち,一般に人間に理解しやすい記号や代数表現で書いたプログラム。たとえば,フォートランコボルPL/Iなどのプログラム言語コンパイラなどによって機械語であるオブジェクトプログラムに編成翻訳されるとき,コンパイラなどの入力となる言語のことをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソースプログラムの関連情報