コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーデルグラン Edith Irene Södergran

世界大百科事典 第2版の解説

ソーデルグラン【Edith Irene Södergran】

1892‐1923
フィンランドの女流詩人。マヤコフスキー,エリオット,リルケらと同時代に,旧習からの完全な解放と確たる未来を暗示する挑戦的な人生観を呈示した。死後,モダニズムの天才詩人として,北欧,少し遅れて英語圏で評価が高まった。16歳で結核発病,長く貧しい闘病生活の果てに31歳で没した。作品には《詩》(1916),《九月の竪琴》(1918),《バラの祭壇》(1919)ほかがある。【高橋 静男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ソーデルグランの関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助内閣総理大臣福原信三村田実セントルイス・カージナルスマッケリーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android