ソーデルグラン(英語表記)Edith Irene Södergran

世界大百科事典 第2版の解説

ソーデルグラン【Edith Irene Södergran】

1892‐1923
フィンランドの女流詩人。マヤコフスキー,エリオット,リルケらと同時代に,旧習からの完全な解放と確たる未来を暗示する挑戦的な人生観を呈示した。死後,モダニズムの天才詩人として,北欧,少し遅れて英語圏で評価が高まった。16歳で結核発病,長く貧しい闘病生活の果てに31歳で没した。作品には《詩》(1916),《九月の竪琴》(1918),《バラの祭壇》(1919)ほかがある。【高橋 静男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android