コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソート・マヨール ソート・マヨール Souto-Maior(Soto-Maior),Dom Nuno de

1件 の用語解説(ソート・マヨールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソート・マヨール
ソート・マヨール
Souto-Maior(Soto-Maior),Dom Nuno de

17世紀のポルトガル船隊司令官,遣日使節。漢名,東魯納也。 1610年1月 (慶長 14年 12月) のマードレ・デ・デウス事件で停止されていた日本貿易を再開させるため,1611年マカオ政庁から派遣されて薩摩に上陸,島津氏の斡旋で駿河で徳川家康に,江戸で秀忠に謁し,次いで駿河で貿易許可の朱印状を得,大坂で豊臣秀頼にも謁し,使命を果たしてマカオに帰った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソート・マヨールの関連キーワードガマフンシャルポルトガル文学総司令官高斉徳ポルトセグーロポルトガルワインポルト(ポート)ソート=マヨールセケイラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone